復職トレーニング・リワークプログラムの内容

言い方や内容は自治体によって違うようです。
大体1か月間のプログラムで構成されています。

1.復職トレーニング・リワークプログラムは誰が受けるのか。

対象:数か月以上「病気休職」で休んでいた教員

・「病気休暇」のみであれば、主治医の「復職可能」の診断書によって復職することができる。

・「病気休暇」と「病気休職」の場合も、休んでいる期間や本人の様子、正当な理由など総合的な判断で、プログラムを受けずに復職することもある。

いずれも、希望すればプログラムやそれに近いことを受けることができる。

2.復職トレーニング・リワークプログラムを受けるための心づもり、準備すること

休職期間中のため、この1か月間は交通費、給与はもらえません。

給食を食べる際は給食費を別途支払う必要もあります。

都市部では公共交通機関、郊外では自動車が主な通勤手段かと思います。

私の場合は公共交通機関での通勤だったので、交通費をいかに抑えるか、様々な経路を調べました。

休日など通勤しない日が割とあり、1か月定期を買うと割高になったので、結局毎日電車賃を払って通勤をしました。

定期券、回数券、一日券、ICカード…様々なツールがあるので、確認をしてみましょう。

3.復職トレーニング・リワークプログラムの内容ややり方とは

内容は自治体独自で設定されているので、以下は一例です。

(1)1週目

・週に3日程度、2~3時間

→通勤時間に通勤できるように、体を慣れさせる。
→職場・仕事の空気に慣れていく。

数か月職場を離れ、自分の時間で過ごしてきたため、帰宅後や週末にはだいぶ疲れが出てきました。

(2)2週目

・週5日毎日、2~3時間

→毎日通勤時間に通勤できるようにしていく。

まだ慣れの期間なので生徒・児童と関わることはしません。仕事はたくさんあるので、他の先生の手伝いや職員室の仕事をしていました。
給食は食べません。

(3)3週目

・週5日毎日、5~6時間

→給食を食べて、午後も引き続き仕事。長時間の仕事に体を慣れさせる。
→どこかの学級に入らせてもらい、生徒・児童と関わったり授業をしたりする。
14時前後には退勤しますが、

(4)4週目

・週5日毎日、定時までフルタイム

→定時まで仕事ができるようにする。
→研究授業をする。管理職や復職支援担当、関係している先生が授業を見にくる。授業に支障がないこと、復職できるまでに体調が回復していることを証明する。

4.プログラム終了後

(1)心療内科・精神科で「復職可能」であることの診断書をもらう

(2)指定の産業医との面談

主治医の診断書や管理職、復職支援担当、産業医との面談を行い、復職可能であるか最終判断をしてもらう。
それによって、辞令が出れば晴れて復職となる。

資格、旅、断捨離、資産運用、読書、趣味づくり、転職情報収集

・しとけば良かったこと、休む前に

コメント

タイトルとURLをコピーしました